読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだグダグダ迷っている

長女を塾に通わせると決めたものの、私はまだどこかで迷っている。

そんな中、ふと夕方から時間が空いたので、都立トップ校向けといわれている近所の塾を見学に行った。

 

近所で通いやすいし、自社ビルだし、受付もきちんとしていて、室長も最高にいい感じの人だった。ここにすればよかったと思った、授業を見るまでは・・

授業の雰囲気は学校とあまり変わらない。その中でものすごくきちんと聞いている子もいれば、まったくやる気がなさそうな子もいる。

どちらにしても通うのは時間がもったいないと思ってしまった。

学校と変わらないのだから。

周りの環境はすばらしいのに、もったいないことだ。

 

---

そんな中、長女の定期テスト

 

先生の作った問題に出題間違い「その1」があり、解答欄を飛ばすように全体へ指示があった。

ところが!最後の最後の問題で、出題間違い「その2」がありその指示どおりに回答記入すると、回答欄が足りない。

対人恐怖症のような長女だが、勇気を振り絞って先生に聞いたところ、先生は長女にだけ解答欄は飛ばさずに書くように指示訂正してくれたけど、他の子には伝えなかったらしい。

他の子は間違い「その2」はどう対応したんだろうか・・気づかなかったのだろうか。

または、他の子なら自分で判断して欄外に書くなど対応するるけど、長女はアンドロイドタイプなのでできなかったのだろうか。

どちらにしても、イマイチだ。

さらに先生も、もう少し問題文を見直してほしいと単純に思った。