読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進捗

最近の様子。

家庭教師のセンターから紹介された先生は、受験勉強に対してマニアックで面白い(私が楽しい)。けれど、勉強内容はいたって普通。

  適正検査の過去問。

  私立中学入試問題の国語、など。

 

そして、宿題は

いろいろな計算問題と作文を400字毎日。

ひとまず、内容はなんでもいいと言われる。

-------

塾には行っている子よりは時間があると思うけれど、この期に及んでも、習い事をやめる気がないので、週4日習い事に通っている娘には時間がない・・

 

仕方ないので朝、5:30起きで400字作文を書くことにした

今日はざっと新聞を見てめぼしい記事がなかったので、京都府の過去問で作文練習

でも1時間では書けないどころか、問題分の読み込みすら怪しかった。

後で考えれば、提示されている問題自体がちょっと癖があって、大人なら見慣れた要旨を読み取ることができるけれど、経験のない小学生には難しいものだった。

書けずにまた泣かせてしまった。

 

結局自信を失った状態で学校に行かせてしまった。

今日は私は仕事で、娘はバレエがあるので、夜8時近くまで顔を合わせることがない、慌ただしい日。

 

さらに学校では集団宿泊の実行委員を決める日。

昨夜「こういう風に言おうと思うんだけど・・」と立候補表明のリハーサルをして、少し緊張している様子だった。悲しい思いをしていないといいのだけれど。

 

せめて、夜は泣かずに済むように、本人の今一番の関心分野の「再利用エネルギー」についてという作文にするか本人次第で選べるように机の上に置いておいた。

 

難しい過去問で実力をつけたいけれど・・

ゆっくりフォローできない日は、自信と勢いをつけることを優先した方が良いのかも。

明日からちょっと注意しよう。